今年こそ絶対に治したい人へ。お手軽カンタン解消法で鼻づまりを撃退!

HOME » 知って改善!鼻づまりのメカニズム

知って改善!鼻づまりのメカニズム

鼻づまりは誰でも一度は経験のある症状ですね。一般には風邪症状、アレルギー症状ののひとつと思われていますが、季節や病気などに関係なく常に鼻づまりに悩んでいる方もいます。また、耳鼻咽喉科にいくと鼻をぐずらせる子どもたちでいっぱい、という印象があるように、幼児にも多い症状でもあります。

鼻がつまると、生活上にいろいろな支障が出てくるものです。鼻がつまっているために口呼吸になるため、いびき、不眠などが起きます。更に不眠のため集中力がダウンし、体調も崩してしまうことも多いでしょう。

口呼吸が長く続くと良いことは一つもありません。歯並びが悪くなったり、口が渇くため唾液による口腔内の自浄作用が低下、むし歯や歯周病になりやすくなり、匂いもわかりづらくなります。

さらに、鼻腔というフィルターを通さない空気が肺まで直接入ってしまうため、感染症にかかりやすくなるのです。

こうなるとたかが「鼻づまり」とは言えない状況、QOL(クオリティーオブライフ)が下がるだけの問題ではなくなってきます。

では、なぜ鼻づまりは起こるのでしょうか?ここでは、鼻づまりの原因、鼻づまりになるメカニズムについて詳しく解説していきます。