今年こそ絶対に治したい人へ。お手軽カンタン解消法で鼻づまりを撃退!

HOME » いま悩んでいる方に試してほしい鼻づまり解消法まとめ » 漢方

漢方

ここでは、鼻づまり解消法の一つとして、漢方を紹介します。鼻づまりに効く漢方薬の種類や、漢方のメリット・デメリットも合わせて解説しました。

鼻づまり改善に効果的な漢方薬は?

  • 小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)
    気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など。
  • 葛根湯 (かっこんとう)
    カゼのひき始めで寒気がするとき、頭痛肩こり、筋肉痛、じん麻疹など。
  • 荊芥連翹湯 (けいがいれんぎょうとう)
    蓄膿症、慢性鼻炎、扁桃炎、炎症をともなうニキビや湿疹など。
  • 麻黄湯 (まおうとう)
    カゼのひき始めでゾクっと寒気がする時や発熱、ふしぶしの痛み、頭痛、鼻づまり、関節リウマチ、喘息など。

漢方のメリット・デメリット

漢方薬は、まだ病気に達していない「未病」の状態の体を健康にみちびく効能があります。つまり体質の改善という点では非常に有効。鼻づまりの改善には体質改善が効果的なため、漢方薬も有効な治療法の選択肢と言えるでしょう。

漢方薬のメリット・デメリットをよく理解したうえで、上手にとりいれましょう。

漢方のメリット

  • 服用時間帯が自由(西洋薬のように「食後30分」などの制約が少なく、比較的自由に服用できる)。
  • 副作用が少ない
  • 即効性はないが、ゆるやかに体力の増強・体の治癒力を高めるので、身体全体の健康増進にもつながる。

漢方のデメリット

  • 即効性はなく、継続しないと効果が現れないので緊急時には向かない。
  • 飲みにくい形状や、飲みづらい味が多い
  • すでに重篤な症状に陥っている場合、治癒は期待できない。